暇は人をダメにする。人生、適度に忙しいが丁度いい

日記

日頃、仕事に追われていると「この仕事を辞めて自由な時間が欲しいな」と思うことはありませんか?

私はありました。

でも、実は人間いざ暇になってみると結構耐えられないものなんですよね。

人間やることがないと非常に苦痛を感じるのです。

定年退職後に、やることがなくて時間を持て余す男性の気持ちが私は、退職中の転職活動中よく理解できました。

なので、自分はなるべく長く働くことを念頭に生きるのがいいかなと思ってます!

さて、みなさんが嫌なのは、現在の職場や仕事であって。働くことが嫌いなのではないかと思います。

自分の力を発揮する環境を見つける作業は働きながら続けていくべきです。

転職を考えた人にオススメする転職目的軸の定め方

暇な時間は、人をダメにする

人が暇と感じるときは、「消費だけをしているとき」です。

  • 何気なくYouTubeで動画を漁る
  • 漫画を読み更ける
  • 何度も、昼寝をする

与えられた時間をうまく活用できない時、人は「暇を持て余す」のです。

生産的な行動をすれば、暇はなくなる

逆に、生産的な行動をすれば暇な時間はなくなります。

  • ブログなどで発信作業(会社だけでない、活躍の場を作る)
  • お金を増やす副業にチャレンジ(お金の心配を減らす)
  • 趣味で人の繋がりの輪を広げる(仕事以外の人間関係を増やす)

少し行動をするだけで、

今までにない刺激が、皆さんの人生に舞い込むはずです。

暇を作らないように努力する

マイナス思考や負の連鎖に陥らないためには、日頃から次の意識を持ってください。

不快なことを考える人間は暇人です!

と美輪明宏さんはおっしゃっています。

そのために、

何でも良いから常に頭も身体も動かし続け忙しくする。
次から次へとやることを見つけ、常に忙しい自分であれば、マイナス思考になることも暇もなく、ましてや連鎖することもありません。
陽の気が廻り始めむしろプラス思考でどんどん元気になります。

のが大切と教えてくれています。

美輪明宏「暇を作らないように努力する」 | Grapps(グラップス)

忙しすぎるのは、一番良くないですが。暇すぎるのも良くない。

このバランスが難しいかもしてないですが、うまく調整できると人生を過ごしやすくなるかもしれません。

つまるところ「人生は暇つぶし」というのが真理かもしれません。

私には、Amazonでアニメや映画を見まくるのはしんどいし、家にずっといるのもしんどい。

誰かと関わることを欲しているので、そういった人との関わりを持ち続けられる仕事や趣味を継続しながら、日々の仕事や生活を1日1日充実させていこうと考えています。

それでは今日はこのへんで。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました