PARO的「人生最悪の時の乗り越え方」

転職したいと思ったら

どうも、PAROです。

転職を7回以上経験し、人生最悪の時を何度か経験した自分ならではの

「人生最悪の時の乗り越え方」を書いていこうと思います。

人生最悪の時は、「お金」か「目標」を失ったとき

今までの経験の中で、人生最悪な時の条件として

  • お金に困った時
  • 目標を失った時

が結構きつかったな~と振り返って思います。

  • お金に困った時

   お金に困った時は、離職中で仕事をしていない時。
   収入がないってことは、徐々に精神を蝕んでいきました。

   お金が減ると、行動も制限されるので、今までできた息抜きも我慢しないといけないので

   ストレス解消もできず、無収入で将来の不安も重なるので

  • 目標を失った時

   大学受験の意味を見いだせなかったり、仕事に意義を見い出せなかった時は

   とても空虚感を感じ、日々の生活がとても虚しいものでした。

   毎日、仕事に対してネガティブに考え、寝付けず、翌日も同じように悩む

   そんな負のサイクルを繰り返していました。

PARO的「人生最悪の時の乗り越え方」

私が「人生最悪の時の乗り越えた」方法は

  • 収入源を確保する
  • 目標を再設定する

 そのままですが、解決方法はシンプルなものです。

  • 収入源を確保する

  人生を豊かにするのは、お金だけではないが、お金がなければ最低限の生活は

  難しいと考えてます。また、働いていたほうが時間が早く過ぎていきます。

  仕事をしていない時間は、最初はいいですが。

  時間の使い方に困るのです。

  求職活動も、1日使うほど時間を使わない

  遊びも、無職だと収入源がないのでだんだんやれることが少なくなります。

  なので、収入源を体に無理がない程度で確保することです。

  • 目標を再設定する

  目標を再設定することで、自分の心から向かいたいところを目指すのです。

  人間、目標を見失うと驚くほど無気力になります。

  過去のブログで、希望の見出し方として目標の再設定の方法を書いているので

  是非、読んでみてください。

人生最悪を乗り越えた経験は、必ず糧になる

自分はまだ人生30数年のものですが、その時々で人生最悪を経験し、

今も生活しています。

大切なのは、

「諦めないこと」

当時は、人生最悪でかなり悩んだことも

今振り返ってみれば、どうしてあんなに悩んでいたのだろうと思うこともあります。

人生、今が最悪だぁ~と思っていても過ぎてしまえば

自分の力になり、糧となっているのだと思います。

もし、今エネルギーが足りないなら部屋を飛び出し、散歩から始めてください。

人は、同じ場所に閉じこもっているとどんどん悪いことを考えてしまいます。

自分のできることをコツコツとやり、改善を続ければ

いずれ思いもよらない効果が出てきます。

人生の時間を少しでも、良い時間に使えるようにちょっとだけ生活を変えてみませんか?

今回の記事が何かのヒントになれば幸いです。

それでは今日はこのへんで。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました